応急手当に準備しておこう

熱中症にかかってしまったら、意識がない場合はただちに救急車
を呼ぶことが必須ですが、医療機関にかかる前に自分たちで
応急手当をして、できるだけ体温を下げる処置を行えば最悪の
事態を逃れることもできます。熱中症にかかった場合の応急
手当のやり方と、準備しておくとよいものを紹介します。万が一
に備えていざという時にあわてないよう、準備は万全にしておきましょう。

涼しい場所を確保する

熱中症にかかったら、すぐに日陰で風通しのよい場所に移動します。室内であればクーラーなどの冷房がきいた部屋に移動しましょう。野外のレジャーに出かける時は、あらかじめ日陰を作ることができるパラソルやレジャーシートを持参しておくと、いざという時に役に立ちます。
移動したらうちわや衣服、タオルなどを使って風を送るようにしましょう。

身体を冷やす

涼しい場所に移動したら、身体にこもった熱を冷まします。身体に直接あてて冷やすことができるものがあれば、何でも役に立ちます。冷やしたタオルや冷却シート、氷などがあると便利です。氷がない場合は、水を身体にかけて、風を送って冷やすようにします。
冷たいペットボトルを身体にあてて冷やすだけでも効果があります。あわてないように、日頃から準備しておきましょう。

水分補給を行う

意識がある場合は、水分と塩分を補給するようにします。水で薄めたスポーツドリンクなどがよいでしょう。少しずつ何回かに分けて補給するようにします。