熱中症の種類

熱中症には4つの種類があります。それぞれ症状や
原因が異なります。

熱疲労

高温多湿の環境の中で、大量に汗をかいて身体の水分や塩分が不足して脱水症状をおこした場合におこります。急激に気温が上昇した日などは身体が暑さに慣れていないために体温調節がうまく働かず、熱疲労をおこしやすくなります。
めまいや吐き気、頭痛、全身の倦怠感など熱中症の中度の症状が現れます。すぐに身体を冷やして応急処置を行いましょう。

熱けいれん

運動中によく起こっています。激しい運動をして汗を大量にかいたのに、水分だけを補給して塩分を補給しなかったために、血液中の塩分濃度が低下して、筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこります。
水で薄めたスポーツドリンクを飲んだり、けいれんをおこした箇所を冷やすようにしましょう。

熱失神

気温が高い環境で激しい運動をした時などにおこります。体内の水分が急激に減少して脱水状態になることによって、血液の循環機能に異常をきたし、脳に血液が十分送ることができなくなり、めまいや失神を起こし、急に意識がなくなります。
熱失神をおこした時は、身体を冷やして安静にすることが大事です。

熱射病

4つの種類の中では、もっとも症状が重くなります。体温の上昇に身体が対応しきれずに、中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害やショック症状、全身のけいれんなどをおこし、血管が詰まることによる臓器障害も併発して、死に至ることもある大変危険な状態です。
ただちに救急車を呼んで医療機関にかかる必要があります。