熱中症とは

夏の暑い季節になると、熱中症による事故が続出してニュースなど
で話題になります。特にここ数年の猛暑は、各地で命を落とす
人が絶ちません。熱中症とはどのようなもので、どんな条件の
時に発生するのでしょうか。

熱中症とは

炎天下や熱のこもった室内など、気温が高い場所にいることによって体温調節の機能がうまく働かなくなり、そのためにさまざまな異常をひきおこす症状をまとめて熱中症といいます。
初期症状では、めまいや脈が速くなったり、動悸が起こったりします。
中度では頭痛や吐き気、全身に倦怠感が生じ、重症だと意識障害やショック症状をおこし、生命の危険を伴います。
症状の進行は思いのほか早く、気分が悪いと感じた時はすでに初期から中度まで症状が進行していますので、症状をひきおこす前に予防することが大切です。

熱中症がおこる原因

熱中症は、気温が上昇することによって、身体の体温調節機能がうまく働かなくなることによって起こります。気温が体温より低く、湿度も低ければ、一定の体温を保ち安定していますが、気温が体温より高く湿度も高い状態になると、体温が上昇して汗をかきはじめます。
かいた汗が蒸発することによって熱が放散し体温は下がっていきますが、気温が高い上に湿度も高いと、汗が流れるばかりで蒸発しなくなります。そうなると多量に汗をかいても体温が下がらなくなり、体温調節機能が働かなくなってしまいます。

また、体温が高くなると、皮膚の血管が開いて血液の量を増やして熱を放出しようとしますが、多量に汗をかいて身体の水分量が少なくなっていると、身体の機能を守るために血管が収縮しますので、熱を放出しなくなります。
このような状態が重なると、体温調節ができなくなって熱中症をひきおこしてしまうのです。

きちんと対策をすれば予防は可能

熱中症は、時には命にかかわる状態になり得る危険な病気ですが、きちんと対策をすれば予防できます。また、無理をしないことも大切です。夏は普段より体力を消耗しますので自分の体力を過信せず、休養を十分とるようにしましょう。