熱中症にかかったら

熱中症にかかったら、早めに適切な処置をすることが大切です。
身体に異変を感じた時は、すでに初期症状がはじまってい
ます。手当が遅れると危険な状態にもなりかねません。
熱中症にかかってしまった時には、どのように対処すれば
よいのでしょうか。

涼しい場所に移動する

頭痛がする、気分が悪くなって吐き気がする、身体がだるい、生あくびが出るなど、これらの症状はすべて熱中症の初期から中度の症状です。少しでも自分の身体に異変を感じたら、すぐに涼しい場所に移動しましょう。炎天下の野外にいる時は木陰や風通しのいい場所を探して、移動したら横になって身体を休ませましょう。

また、熱中症は野外だけでなく、室内の熱のこもった部屋にいる時にもかかります。室内でも気分が悪くなった時には、エアコンなどがきいている部屋へ移動しましょう。

衣服をゆるめ、身体を冷やして水分補給をする

通気性の悪い衣服は熱が体内にこもりますので、熱中症の症状を悪化させます。ベルトをゆるめたりボタンを外して衣服をゆるめて風通しがよい状態にします。横になったら、冷たい水で冷やしたタオルなどを頭や身体にあてて身体を冷やします。
そして大切なのが水分補給です。汗をかいた時には、身体の水分だけでなく塩分も失われていますので、水で薄めたスポーツドリンクなどで塩分も補給しましょう。

医療機関を受診する

熱中症は早めに対策をすれば、軽い場合はしばらくすると症状はおさまってきます。けれども身体には、かなりの負担がかかっていますし、再発防止のためにも病院の診察を受けましょう。
症状がおさまらず意識がはっきりしない場合は、たいへん危険な状態です。ただちに救急車を呼んで医療機関にかかる必要があります。ここ数年の猛暑の影響で、毎年熱中症で命を落とす人が立ちません。
早めに適切な処置をすることが大切です。